閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

音楽学専攻

音楽?音?音響、そしてそれに関わる人と社会

―音楽学の広大なフィールドへようこそ

教育目的

授業風景

「音楽学Musicology」とは,音楽や音,音響とそれに関わる人間と社会など,音(楽)にまつわる事柄すべてを研究対象にすることができる学問領域です。

近年,音楽の領域では激しい勢いで多様化と拡散,複合化が進んでいます。西洋の古今のいわゆる芸術音楽のみならず,日本を含めた世界の諸民族の音楽,ポピュラー音楽,また環境音やノイズ,電子音響にいたるまで,さまざまな音楽や音,音響が共存し,互いに影響を与えながら複合的な展開を見せています。

そうした近年の音楽文化の多様化とグローバル化に対応しながら,音楽学専攻では音楽に関するさまざまな知識や理論の修得に加えて,演奏,調査,実験など,より実践的な活動もふまえたしなやかな知性と思考力を養い,多方面で活躍できる人材を育てることを目指しています。そのために,西洋音楽史,民族音楽学,音響?音楽心理学と,それぞれ専門領域の異なる4人の教員が,1学年3名という少人数制の利点を活かして,学生ひとりひとりの関心に応じた柔軟できめ細やかな指導を行います。

また,本専攻には一般選抜に加えて,社会人特別選抜も設けられており,社会人の方々も実社会での経験を生かして学ぶことが可能です。 卒業後は,主に大学院に進む者と,就職して社会人になる者とに分かれます。

授業概要(カリキュラム)

授業風景

1,2年次は,主に音楽学を学ぶ上で必要となる基礎的な知識や能力,研究に求められる学問的な思考力を身に付けることに重点が置かれます。また,幅広い教養や知識の運用能力が求められる現代社会に柔軟に対応できるよう,音楽以外のさまざまな授業もあわせて履修します。

3年次からは各専攻教員のもとで専門的な研究を行います。プレゼンテーションやディスカッションを通して,実社会でも役立つ汎用的なスキルを磨くとともに,論文作法などの高度な学術的能力の修得も目指しながら,担当教員の個人指導のもと,最終的な研究成果を卒業論文としてまとめます。

少人数制の利点を活かし,異なるテーマに関心を持つ学生たちが互いに刺激しあい,共に学びあうことができる環境を提供します。

科目一覧(現1回生用)

在学生の声

?

美術学部の講義も履修でき,さまざまな刺激を受けています。

鷲塚 葵さん(音楽学専攻4回生)

私は音楽心理学のゼミに所属しており,呼吸音をはじめとした聴覚情報が演奏の調和にどのように影響するかについて研究しています。合奏の様子を見ていると,奏者同士で視線を送りあったり,身体を動かして出だしを揃えたりするのをよく目にします。しかし,もしそのような視覚情報が遮断された場合,円滑な演奏が妨げられるのではないか,と疑問に思ったのが研究の出発点でした。また,音楽学専攻生は,副科で実技専攻生と同じようにレッスンを受けたり,美術学部の授業を履修したりすることもできます。私も実際,副科打楽器は1回生の頃から続けていますし,3回生の前期には「日本美術史概説」という授業を履修しました。このように自分の興味に応じて幅広く学べること,また,少人数制だからこそ先生方から温かく丁寧な指導を受けられること,これが京都芸大の,そして音楽学専攻の魅力だと感じています。

授業に関連した専攻での活動について

定期澳门威尼斯人官网_澳门威尼斯人备用网址に向けた出演者インタビューやコラム記事の作成,合同ゼミなど学生主体の企画も充実

専攻の活動

音楽学専攻では,実技専攻の学生とも協力して,本学部の定期澳门威尼斯人官网_澳门威尼斯人备用网址をより盛り上げるため,学内に向けた出演者インタビューやコラム記事の作成などを行っています。上回生になると,定期澳门威尼斯人官网_澳门威尼斯人备用网址プログラムの曲目解説の執筆も担当します。また,学生主体で立ち上げたオンライン合同ゼミも定期的に開催しており,研究室の垣根を越えて学生同士が刺激しあえる環境が整っています。

教員紹介